くまさんこどもクリニック

木

木

くまさんこどもクリニック

感染症のおはなしと登園・登校の目安

説明くまさん

病名をクリックすると
詳しいおはなしが読めます

予防接種あり:予防接種あり
登校許可書が必要:登校許可書が必要

※書類の要/不要は通園・通学先によって違うこともありますので、事前に確認をお願いします。

  • 飛沫感染とは(口や鼻から感染)
    咳やくしゃみ、会話等で飛び散った菌やウイルスを吸い込むことで感染します。
  • 接触感染とは(皮膚から感染)
    唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借り、タオルや食器の共有、握手、手すりやドアノブなどから感染します。
  • 空気感染とは(空気から感染)
    飛沫の水分が蒸発した粒子が空気中に浮遊し、それを吸い込むことにより感染します。

インフルエンザ
予防接種あり登校許可書が必要

症状

突然、高熱が出てそれが3~4日つづきます。
咳・鼻水・のどの痛み・だるさ、筋肉痛、関節痛などがあります。

感染

インフルエンザウイルスに感染することで発症します。潜伏期間はおもに飛沫感染です(接触により感染することもあります)。

治療
インフルエンザのお薬(飲み薬・吸入薬など)
予防

インフルエンザのワクチン接種。
流行期に入る前にワクチンの接種を行うことが重要。
家族や身近な人が感染したとき、治療薬を予防として投与可能(自費)です。

治癒
発症してから5日経過し、かつ解熱後3日経過していれば治癒とする。

おたふく風邪
予防接種あり登校許可書が必要

症状

発熱、耳下腺の腫れと痛みです。
発熱は1~6日間続く、3~7日で消えます。
※高熱が続く・強い頭痛・何度も嘔吐などの症状があるときは早目の受診をおすすめします。

感染

ムンプスウイルスに感染したことで発症します。
飛沫・接触感染にて感染し、潜伏期間は16~18日です。

治療
特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
予防

おたふく風邪ワクチンの接種が有効な予防法です。
1才になった時に1回目、小学校就学前(年⾧時)に2回目を接種するのがよいです。

治癒
耳下腺の腫れが現れてから5日経過し、食事がとれ、元気になったら治癒とします。
人にうつしやすい時期は、耳下腺の腫れる1~2日前から腫れた後5日間くらいです。

手足口病

症状

発熱・口の中・手のひら・足の裏や甲にぶつぶつ(水疱性の発疹)のほか、爪がはがれることもあります。

感染

「エンテロウイルス」・「コクサッキーウイルス」などに感染したことで発症します。
複数の種類があるので何度もかかる可能性もあります。
飛沫・接触にて感染。潜伏期間は3~6日です。

治療

特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
刺激のあるものは避けて、のどごしの良い冷たいものや、かまずに飲みこめるもの、刺激の少ない食べものを食べましょう。
※口内炎につかう軟膏もあります

予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。
便からウイルスが排泄されるので、数週間はおむつ等の取扱いに注意が必要です。

治癒
解熱し口腔内の水泡・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれるようになったら治癒となります。
※熱が下がってから1日以上経過していること。

RSウイルス

症状

RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。
生後6か月未満のお子さんは、重症な呼吸器症状があらわれることもあります。
重症化すると入院することもあります。
非常に感染力が強く、幼稚園や保育園などの施設内感染に注意が必要です

感染

RSウイルスに感染することで発症します。
飛沫や接触により感染します。

治療
RSウイルスの特効薬はありません。
咳を和らげるため、吸入薬の投与や鼻水の吸引などの対症療法が有効です。
※吸入と鼻水の吸引は予約なしでも受けられます。
予防

ワクチンはありません。
手洗いうがい、咳エチケットなどでの予防が大切です。
また対象のお子さんはシナジスの投与が適用となります。

治癒
呼吸器症状(咳)が治まり、元気になったら登園・登校できます。

ましん(はしか)
予防接種あり登校許可書が必要

症状

高熱、咳、鼻水、目の充血、目やになど。
口の中に白いぶつぶつができ、その後顔や頭に赤みの強い盛り上がった発疹が出ます。

感染

ましんウイルスに感染したことで発症します。
空気、飛沫、接触によって感染し、潜伏期間は8日~12日間です。
感染力は非常に高く、免疫がない場合はほぼ100%の人が感染します。

治療
特効薬はありません。症状に応じた対症療法のみ行えます。
予防

MRワクチンの接種により、予防できます。
ましんにかかったことがない人がましん患者と接触した場合、接触後72時間以内に緊急的にMRワクチンを接種すれば発症を予防できる可能性があります。

治癒
解熱して3日経過で治癒とみなします。

水ぼうそう予防接種あり登校許可書が必要

症状

かゆい発疹が顔や頭に出現し、全身へ拡大します。
斑点状の赤い丘しん(盛り上がった発疹)から始まり、水ぶくれになります。

感染

空気感染、飛沫感染します。
感染力が非常に強く、隔離などの措置が必要となります。
免疫がない場合は、ほぼ100%の人が感染し、潜伏期間は、約2~3週間程度です。

治療
特効薬はありません。重症化の恐れがあるときは、お薬がでます。
予防

水ぼうそうのワクチンを接種します。
1歳になったときに1回目、1回目の6か月後に2回目を接種するのが望ましいです。

治癒
すべての発疹がかさぶたになったら、治癒とします。
治癒後、登園・登校するには許可証が必要ですので、必要書類をお持ちになってご予約の上、クリニックにお越しください。

溶連菌感染症

症状

発熱・のどの痛み・腹痛・発疹・舌にぶつぶつ(いちご舌)・吐き気があります。
熱が下がると皮膚がむけることもあります。

感染

溶連菌に感染することで発症します。
飛沫・接触により感染し、潜伏期間は約2~5日です。

治療
抗生剤を服用します(ペニシリンアレルギーの方は注意が必要です)。
薬をきちんと服用すれば、24時間以内に感染力がほとんどなくなります。
予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。

治癒

抗生剤を飲み始めて24時間以上たち、全身の状態が良ければ登校可能です。
登園登校には登校許可証が必要です。

風しん予防接種あり登校許可書が必要

症状

あかい発疹が顔や頭に出現し、全身へ拡大します。
発熱、悪寒、だるさ、目の充血、リンパの腫れなども出ます。
約3日間程度で消えます。

感染

風疹ウイルスの飛沫感染です。
接触感染することもあります。
潜伏期間は2~3週間程度です。

治療
特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
予防

MRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)を接種することが、有効な予防法です。
1歳になったときに1回目、小学校進学前年(年⾧時)に2回目を接種することが望ましいです。

治癒
発疹が消えていることが治癒の条件です。

突発性発疹

症状

3日間程度の高熱のあと、解熱とともに体幹を中心に紅斑が現れ、数日で消えます。
生後6ヶ月から2歳くらいによくみられます。下痢を伴うこともあります。

感染

ヘルペスウイルスに感染することで発症します。
飛沫・接触により感染し、潜伏期間は約9~10日くらいです。

治療

特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
脱水にならないよう、水分はこまめにとりましょう。

予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。妊婦さんは注意が必要です。

治癒

解熱し、発疹が現れた頃が治癒のめやすです。
元気になっていれば登園可能です。

アデノウイルス
(プール熱)

症状

高熱・のどの腫れ、目やに、目の充血などが症状の「夏かぜ」の一種です。
※熱は4~5日続くこともあります。

感染

アデノウイルスに感染することで発症します。
飛沫・接触により感染し、潜伏期間は約2~14日くらいです。

治療

特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
痛みが強くて食事がとれない時は、食事の30分前くらいに痛み止めを飲むと食事がとりやすくなります。

予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。
感染力が強いため、タオルなどの共有は厳禁です。
便からウイルスが排泄されるので、数週間はおむつ等の取扱いに注意が必要です。

治癒

解熱し、目の充血が消え、2日経過したら治癒とします。

百日咳予防接種あり登校許可書が必要

症状

特徴的な咳(コンコン、ヒューヒュー)が、⾧期的(1~2週間)に続きます。
夜眠れないほどの咳がみられることもあります。
発熱はありません。

感染

百日咳菌に感染することで発症します。
乳児は重症になりやすいです。
飛沫・接触により感染し、潜伏期間は約7~10日くらいです。

治療

抗菌薬による治療をします。

予防

DPT-IPV(四種混合)、DPT(三種混合)ワクチンの接種が有効な予防法です。
生後3ヶ月から90ヶ月までの間に3回接種し、3回目から12~18ヶ月の間に4回目を接種します。
年⾧時、DT(二種混合)接種の際に、3種混合を接種するのも有効的です。

治癒

特有な咳が治まっていること、または抗菌薬による5日間の治療が終了していることが治癒の条件です。

ヘルパンギーナ

症状

高熱が出て、喉にぶつぶつができる「夏かぜ」の一種です。
のどの痛みと、高熱が2~3日続きます。
ぶつぶつがつぶれると痛くて水分や食事がとりにくくなります。
脱水にならないよう、注意が必要です。

感染

「エンテロウイルス」・「コクサッキーウイルス」などに感染したことで発症します。
複数の種類があるので何度もかかる可能性もあります。
飛沫・接触にて感染し、潜伏期間は3~6日です。

治療

特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。
痛みが強くて食事がとれない時は、食事の30分前くらいに痛み止めを飲むと食事がとりやすくなります。

予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。
便からウイルスが排泄されるので、数週間はおむつ等の取扱いに注意が必要です。

治癒

解熱後18時間以上経過し、どの痛みが治まり食事がとれるようになったら、登園・登校可能です。

りんご病

症状

発熱・だるさ・頭痛・筋肉痛などが出た後、両側のほっぺたが赤く腫れます。
両腕・脚にレース状の赤い斑点(発疹)が出ます。

感染

ヒトパルボウイルスB19の感染により発症します。
飛沫により感染。潜伏期間は約4~14日くらいです。

治療

特効薬はありません。症状に応じた対症療法となります。

予防

ワクチンはありません。
うがい手洗いなどを丁寧に行いましょう。
妊婦さんは注意が必要です。

治癒

元気になったらOKです。
赤い発疹が出た時は、すでに人へうつす感染力はないので登園・登校可能です。
※発疹がよくなっても、直射日光や入浴の影響で発疹が再び出現することもあります。

マイコプラズマ肺炎

症状

咳(肺炎をひきおこす)、高熱、頭痛など。
咳は徐々に強くなり、数週間続くこともあります。

感染

肺炎マイコプラズマの細菌感染により発症します。
飛沫により感染。潜伏期間は約2~21日くらいです。
※家族間、再感染も多いです。

治療

抗生剤による治療をします。
薬をきちんと服用すれば、24時間以内に感染力がほとんどなくなります。

予防

ワクチンはありません。
咳エチケットを心がけましょう

治癒

解熱し、強く激しい咳が治まったら治癒となります。