くまさんこどもクリニック

木

木

くまさんこどもクリニック

眼のスクリーニング検査

眼が悪いことは、日常生活では日常生活では気付けない場合も多いのです。

こども

「眼が悪い」ことに気付くためには、専門のスクリーニング検査が必要です。早く気付くことで、お子さんの明るい未来につながります。

スクリーニング検査は当院にて行うことが可能です。受付までお問い合わせください。

スクリーニング検査についてのご案内を見る(PDF)

「遅すぎた」となる前に検査しましょう

視覚障害は子供にとって起こりやすい障害です。
しかし、あきらめる必要はありません。弱視は早期に発見されれば有効な治療が可能です。

機器を使用しての眼のスクリーニング検査

検査機器

弱視は予防・治療できる病気です。スクリーニング検査を受けてみませんか?3歳から5歳のお子さんには、視力検査表での検査より、機器を使用した他覚的検査を推奨しています。

スポットビジョンスクリーナーは6か月以降のお子さんから成人までの「見る能力」をすばやく検査することが可能です。

【測定内容】近視、遠視、乱視、斜視、不同視(近視や遠視などで左右の眼の度数差があること)、瞳孔不同(左右で瞳孔の大きさが違う状態)

三歳児健診 目に関する検査項目(一部抜粋)

下記の項目に該当することがありましたら、スクリーニング検査をおすすめします。

  • テレビを近くで見ている。離れるとみにくいようだ。
  • ものを見るとき、顔をしかめたり、目を細める。
  • ものを見るとき、顔を傾ける。
  • 顔をまわして横目でものを見る。
  • 明るい戸外で片目をつぶる。
  • 1人で階段を上るときは手を使う。
  • クレヨンなどで丸(円)を描かない。
  • 上目遣いで見る。